聖護院 京極のブログ

天と地の間に新しいことなし(ことわざ)・・・人間の行動は今も昔も変わってはいない

生活

住まいの近くの自然

画像はわたしの近くの田でありません 画像出典:㈱住文舎 わたしの住んでいるのは京都市内ですが、あたりには結構な数の田畑が点在しています。そのうちの一番近いところには田があって、沿うように1.7mを最深とする水路があります。水の流れは雨が降らない…

「男はタフでなければ、生きていけない」

画像出典:ジム佐伯のイングリッシュ マキシム 「男はタフでなければ生きていけない、やさしくなかったら生きている資格がない」 まあ、キザの極みのような有名な言葉ですね。 英語フレーズは If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be…

テレビドラマにツッコミを入れる

画像出典:どこかのテレビメーカーのCMですが分かりません テレビの時代劇を見ていますと、敵方の探索を身をひそめて行う場面などがあります。 そういう時、カメラワークもあるのでしょうが、相手方からは絶対に丸見えの筈なのに敵方はまるで気が付いてい…

山よりでっかい猪は出ん

画像出典:ネットの画像ですがどこのものだか失念しました 「山よりでっかい猪(しし)は出ん」ということわざがあります。色々な解釈があるようです。 ① 目の前にある大きな山=難題を上回るようなそこにすむ猪=山より大きな難題が出るようなことは無い。…

後頭部の形

画像出典:weblio わたしのように頭ある毛が寂しくなった人間には、露出することになる頭の本来の形が気になることがあります。読者の大方の人には、無縁な話かもしれない。髪の毛がふさふさの時には感じなかったことです。 ■ 後頭部の形 正面からわたしの顔…

出火の目撃談

フラッシュオーバーの瞬間 画像出典:札幌市消防科学研究所 炎天が続く夏のことでした。 友人と日本海の海辺の海岸にあるキャンプ場に行って、テントを張り始めた時、近くの民宿からかすかに煙が出ているのを不審に思ったのは、わたし達だけでした。 一般的…

マンションで階を間違える

このマンションに住んでいた訳ではありません。イメージです。 画像出典:business journal 今の住まいの前は、相当な古さのマンション住まいでした。11階建ての9階が、わたしの住まいがある階で、全体で50戸近い世帯数の京都市としては、比較的大きな建物で…

くしゃみ

画像出典:ニュースサイトしらべい くしゃみをすると、最低5回はつづけてするご主人が近所にいます。家の中でしているのですが、道向かいのわたしの書斎まで聞こえて来ます。鼻炎か花粉症でしょうか。毎日という訳ではありませんが、春先に多いですね。 大き…

掛け時計の修理

そのものずばりではありませんが、こんな感じのものです。 画像出典:Amazon 掛け時計が遅れるようになり、やがて針が一か所で痙攣するかのように小刻みに動きはするが、進まない。そういう状態になったので、決心して分解を試みました。 ■ 自信なし しかし…

「おっちゃん」と呼ばれた日

画像出典:ニュースサイトしらべえ 若い人、子供ではなく成人の特に女性から 『おっちゃん』 と呼ばれてもそう気分を害せず受け入れられる、あるいはその衝撃に堪えること出来る歳は幾つくらいでしょうか。 ■ 例えば 例えば、わたし。わたしは、独身で27歳の…

ミニトマトを育てています

筆者のミニトマト 右下の画像を斜に妨害している物は、筆者の指であります。 大変、見苦しい写真となりました。 先月中旬過ぎに出先で偶然に見つけた園芸用品店。店内がひどい混みようなので、急いで他に幾つかの花と共にミニトマトの苗を買いました。それは…

不眠症

画像出典:NHK わたしの祖母は100歳を超えて少して亡くなったのですが、よく夜に一睡もできなかったとか、深夜を過ぎたあたりでようやく眠れたと訴えておりました。 はしごから転落して足を骨折してからは、殆ど寝たっきりでしたが、95歳辺りまではとても…

舌苔を絶対取る

画像出典:ライオン 舌苔と書いて「ぜったい」と呼びます。 口臭の原因は、歯槽膿漏(しそうのうろう)および舌苔と呼ばれる舌に着いた苔(こけ)であるようです。健康な人では、舌苔の方が口臭の主因となるのだそうです。健康な人の定義はいまいちわかりま…

人目を気にしなければ、お金は今よりは残る

画像出典:恋愛情報サイトウラカミ 人の目さえ気にしないでいられるなら、その分の使う筈のお金は今よりは残ると思う。 車や服装に、人はわたしも含めて、自分の懐事情より無理をしてつぎ込んでいるものです。それというのも、心のどこかに、人目を意識する…

淀川の青いシート

画像出典:号外net 京都方面から大阪市・梅田駅に向かう阪急電車が、川幅のある淀川の鉄橋に差し掛かる。そこは、一瞬開けた見晴らしのよい眺望が幾秒か望める。 電車の乗降口近くに立って、その景色を見ていると、淀川の河川敷の芦原に青色のシートと見…

ボタンの掛け違い

画像出典:俺のバランスシート 過日、主に食料品を買いに、そこそこの大型スーパーマーケットに家族で出かけました。こういうところでは、わたしはもっぱらなかなか切れない金魚のフンのように付いて回るしかありません。あるいは、車で待つかです。 ■ その…

ショッピングモールに行くとき

トロントのショッピングモールだそうです 画像出典:Wikipedia 郊外のどこかの大きなあるショッピングモールには、家族を載せて時々出かけます。しかし、わたしが主導して行くわけではありません。妻と娘の威圧的要望を受け入れて出かけるのです。そうでない…

外出時の外食

画像出典:ダイヤモンドオンライン 休日に車でどこかに家族で出かけると、昼食が外食となることが我が家では殆どです。 その場合は、回る寿司店、ラーメン、ハンバーガーやうどん、あるいは牛丼、更には格安洋食店などの大手チェーン店になります。 外出が頻…

格安理髪店

画像は本文に出てくる理髪店とは関係がありません 画像出典:兵庫県格安理髪店マップ 今の家に引っ越してきたのは15-6年程前のことで、散髪には近くが良いだろうと駅前を探しましたところ、格安の店が見つかりました。カットの席は2つで、店主らしい30歳代前…

ウッドショック! (外材が入って来ない)

画像出典:career ticket 建築業や不動産業に従事する人や関連する企業や職場にいる人は、殆ど周知のことと思います。現在、日本の住宅業界ではウッドショックが叫ばれています。外国産の木材の輸入が激減しているのです。 日本の木造建築は多くを外材によっ…

禿げかけている頭

画像出典:フリーイメージ わたしの頭は、40歳代後半あたりから、多かった白髪が徐々に抜け落ちてくるようになりました。また、黒毛も白髪に転換も進みましたので次第にまばら化は進行することとなりました。 別に病気や皮膚病という訳ではありません。が、…

何か美味しいものを食べたい

本文と直接関係はありません 画像出典:ノート 『何かおいしものが食べたいね』 とポロリとひとり言をお茶の時間に言いますと、耳ざとい妻の耳に入って、 『はあ、何が食いたいねん?』 と、食ってかかる感じの反応に 『いや、別にあらへん』 と慌てて否定す…

妻の姻戚関係

画像は、ブログ内容とはあまり関係はありません 画像出典:オフィース56 昨日の続きのような、関係ないような内容です。 昨日は、滅多に覚えて置かねばならない人の名というようなものは、仕事の世界でしか殆どわたしの場合はないと書きました。 しかし、仕…

人の名前が思い出せない

画像出典:supabo 人の名を新たに覚えて置く必要があるなどと言うのは、まあ仕事以外には殆どありません。しかし、食事の時にテレビを見ていて、昔覚えた女優を幾か月なり半年ぶりに再び見る時、 『えーと、この人の名何だったかな』 と思うことがあります。…

閉店時に蛍の光が流れる理由

映画:別れのワルツのパンフ 画像出典:YouTube パチンコ店以外に、一日の営業終了で閉店までいたことがないのでわからない。例えば百貨店とか大手のスーパーなどは一日の営業終了し閉店時にはどのような音楽が流れるのでしょうか。流れないのでしょうか? …

田舎で取った自動車免許

画像出典:tabi-magu わたしは京都の田舎町で自動車運転免許を取得しました。 家に車があった訳でも、買う予定でもありませんでしたが、就職して営業職に就いたら是非とも必要となるだろうと思い取得したものでした。 従って、自動車学校以外で運転したこと…

ネットでの誹謗中傷におもう

画像出典:マネーポスト ネットでの書き込みには、わたしは殆どの場合に於いて、個人や公人、会社名、話題の人物であっても余程のことがなければ実名を書きません。わたしの持つ情報など、殆ど信ぴょう性や根拠があるとは思えないからです。そのような情報の…

自ら体験してこそ、納得できる

画像出典:キャリアピックス 誰でも、先導者や先輩が居て口やかましく叱られたりアドバイスされたりすることには、相当な抵抗があります。しかし、それもそれを言われている内が花というものです。 『叱られなくなったら、お仕舞。叱られている内に成長しな…

ゴールデンウイークを過ごし方

画像出典:とわとわネット ゴールデンウイークが近づいてきましたが、どのような予定をお持ちでしょうか。 飛び石を有給で埋めると、9連休とかになる人もいるかと思いますが、娘の会社ではこのように飛び石部分を埋める人が、今年は殆どないとのことです。確…

交通取り締まり

転校生の彼女の小さい時のイメージはこんな風だった気がします 高校生時代に、弟のクラスに女子転校生が入ることがありました。父親は交番勤めの警察官で、どこからか我が町に転勤で来たようでした。彼女は少し色黒ではありましたが、笑うと目が垂れて男性な…