聖護院 京極のブログ

天と地の間に新しいことなし(ことわざ)・・・人間の行動は今も昔も変わってはいない

「男はタフでなければ、生きていけない」

 

f:id:yukukawa-no-nagare:20210517061923j:plain

画像出典:ジム佐伯のイングリッシュ マキシム

 

「男はタフでなければ生きていけない、やさしくなかったら生きている資格がない」

まあ、キザの極みのような有名な言葉ですね。

 

英語フレーズは

If I wasn't hard, I wouldn't be alive.

If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.

 

です。ほぼ訳は外れてはいません。

 

レイモンド チャドラー(アメリカの小説家であり脚本家)の作品「プレイバック」の中のマーロウという長身の探偵のセリフです。チャドラーの小説といえば、「さらば、愛しき人よ」なども有名です。名日本語訳ですね。この題名だけでも読んで見たくなるというものです。

 

■ 「プレイバック」

プレイバックの小説の中で、

『あなたのようなシビアな男性が、どうしてそんなに優しいの?』(多分こんなふう)

と美女(と思しき女性)が言うと、冒頭のキザ極まりないセリフを、マーロウがのたまうという訳です。この作品は1958年で、日本では戦後5年程度とまだ社会が不安定な頃でありました。

 

■ 古き良きアメリ

「さらば、愛しき人よ」とか「プレイバック」の作品の背景には古き良きアメリカの面影が色濃くて何故かなつかしささえ思い浮かべてしまいます。それは、わたしの過ごして来た、古き昭和の時代を懐かしむ気持ちに似ています。

 

今のアメリカの映画のように、地球や全世界をアメリカ人の僅か数人のヒーローが救うなどと言うようなうぬぼれたものではなく、もっとロマンチックな世界が描かれていて、

 

『このストリー、ええやおへんか』

と思わず京都弁で言いたくなるのであります。こういう映画が世界中で殆ど見なくなってきましたね。そういう映画は今の時代では、

 

「辛気臭(しんきくさ)い」

のでありましょうか。わたしは途轍もなく素晴らしいと思わずにはいられないのですが。

 

■ 男は○〇でなければ、○〇でない、、、

男はタフでなければ、生きていけない。優しくなければ生きてる資格がない」を言い換える言葉遊びもありました。例えば、

「男は希望がなければ生きていけない。夢ががなければ生きて行く資格がない」

とか

「俺は車がなければ、仕事にいけない。免許がなければ運転する資格がない」

などと無理筋のものやら、分からないような言い換え言葉も作ったりしましたが、チャドラーの言葉を超えるものは出来ませんでしたし、聞いたこともありません。

 

テレビドラマにツッコミを入れる

 

f:id:yukukawa-no-nagare:20210516130216j:plain

画像出典:どこかのテレビメーカーのCMですが分かりません


テレビの時代劇を見ていますと、敵方の探索を身をひそめて行う場面などがあります。

そういう時、カメラワークもあるのでしょうが、相手方からは絶対に丸見えの筈なのに敵方はまるで気が付いていないような立ち位置がありますね。

 

■ 木陰

木陰に身をひそめる場面では、ひそめている姿がカメラワークで少し離れた敵方寄りの位置から撮れれることがありますが、どう見てもバッチリと姿を晒していているとしか見えないのに、敵方の見張りはまるでとんでもない近眼のように、それを見逃していたりします。見ていて、

『どこに眼をつけてんねん?』

となる。

 

■ また、

また、敵方の行方を探るために、「後をつける」という場合でも、電柱より細いような木の陰に隠れても見つからないなどと言う場面もあります。

 

■ ツッコミ

そういう場面の時には、

『それで見つからないなんて、おかしいだろう』

とか

『ダダ見えになってるやろが?』

などというツッコミがいれたくなるのは、私だけではない筈で、わたしはこう思わず言うこともあります。すると、

 

『ちょっと、おじさん、ドラマにツッコミ入れても仕方ないじゃない?』

と家族からツッコミを入れられたりします。

 

『だれが、おじさんや?お兄さんと言いなさい』

などと返しますが、確かにそこはドラマなのでツッコミは入れてはいけません。第三者の視点なのですから。

 

■ そうは言うものの

そうは言うものの、妻や娘もメロドラマなどではのめり込むと、

『そんなことせんやろ。おかしいだろうが』

などと、わたしに言ったツッコミをそのまま返ししてやりたいような事を、平気で言ったりしますが、わたしは笑いをコラえて、心より

「誰でも大して変わらんわい」と思う。

山よりでっかい猪は出ん

f:id:yukukawa-no-nagare:20210515081708j:plain

画像出典:ネットの画像ですがどこのものだか失念しました

 

「山よりでっかい猪(しし)は出ん」ということわざがあります。色々な解釈があるようです。

 

① 目の前にある大きな山=難題を上回るようなそこにすむ猪=山より大きな難題が出るようなことは無い。だから、山に冷静に対処すれば解決は出来る

 

② 大げささが過ぎるという事のたとえ

 

③ この世の出来事は、この世ですべて解決する

 

この三つがその代表的な解釈のようです。わたしは③の「この世の出来事は、この世ですべて解決する」と解していますが。

 

■ 死んでしまえば

幾ら大きな借金でも、失敗でもあの世に行ってしまえばこの世の人は追いかけては来ません。そういう意味で言えば、この世のことは、この世限りであります。良いことも悪いことも。ただし、だからといって、困難を前に「っさと死ぬこと」を推奨しておりません。

 

■ あの世まで

ドラマなどでは、この世に受けた恨みつらみを持つ人や貸したお金の未回収の折には、

『あの世に、地獄の果てまでも追いかけて行って、仕返しをしてやる』

とか

『あの世まで取り立ててやる』

などと言う脅し文句が出るのを見ますと、あの世も安住ではないのかも知れない。気が小さいわたしは、死んでからも苦労するのだろうか。などと思うことも、あるにはある。

 

■ しかし

しかし、何らかの理由で生前に追い立てられる人が、あの世に行って、その被害にあったという報告も研究発表もなされていないのだから、多分あの世にこの世から出向いて仕返しをしたり、資金回収をした人間もされた人もいないでしょう。仕返しにしてもそうであろう。

 

■ あの世には行くのは49日後

人は死ぬと、「賽(さい)の河原」で初七日から四十九日の間の行をして、閻魔様に川を渡るお金を渡してめでたくあの世に行ける訳だそうです。お金持ちでも、持って行ける金額は、この川を渡るお金のみの所持が許されているだけなので、あの世まで取り立てに行っても貸した金の回収は叶いません。

 

また、凶器類も持ち込めませんので、もうあきらめるしかありませんね。

 

■ 死んでも花実は咲かせられない

死んでも花実が咲かないのは、このようにあの世には何もないから。生きているのが花というものです。人を傷つけたり、苦しめたりすることでなければ、失敗や恥など何のその、あらん限りの才能と努力を投じて、この世を大いに楽しみたいものです。

 

後頭部の形

 

f:id:yukukawa-no-nagare:20210514092628j:plain

画像出典:weblio

 


わたしのように頭ある毛が寂しくなった人間には、露出することになる頭の本来の形が気になることがあります。読者の大方の人には、無縁な話かもしれない。髪の毛がふさふさの時には感じなかったことです。

 

■ 後頭部の形

正面からわたしの顔を見ると上下に反転させても、どうと言って変わらないような、ほぼ長方形の角が取れたような形で、それはそれ程悪いとも思いません。が、顔の横から見るとその感想はかなり落胆に変わります。

 

後頭部が、断崖絶壁となっているからです。

 

■ レーニンの後頭部

このブログの冒頭に掲げた画像は、レーニンの物で彼も禿げ頭期のものではありますが、その後頭部は緩やかな放物線を描いて、品よく膨らんでおります。わたしの、断崖絶壁の後頭部のように蠅さえ止まれないようなことはありません。

 

このレーニンの後頭部の形状がわたしにはとても羨ましい。今更ではありますが。

 

■ レーニン風の後頭部か身長か

では、

レーニン風の後頭部に変えるか、その短い身長の解消か、どちらかを一つを望みの通り叶えてやろう』

神と思(おぼ)しき方から言われるなら、勿論、迷うことなく身長の方ではありますが。

 

 

出火の目撃談

 

 

f:id:yukukawa-no-nagare:20210513101234j:plain

フラッシュオーバーの瞬間

画像出典:札幌市消防科学研究所


炎天が続く夏のことでした。

友人と日本海の海辺の海岸にあるキャンプ場に行って、テントを張り始めた時、近くの民宿からかすかに煙が出ているのを不審に思ったのは、わたし達だけでした。

 

一般的に、家から煙が出ていても、田舎の生活であってみれば、調理場から煙が立つのも不思議はありません。まして、海辺の民宿であってみれば、ごく普通の光景の筈です。

 

■ 煙は二階から

しかし、わたし達が不審思ったのは、二階のある部屋からの煙でした。いくつもの部屋があったのでしょう。しかし、煙はその一部の窓からのみフワッと出ていて、その時には火事だというほどの煙の量でもなかったのです。

 

しかし、タバコの煙の程度の小量でもなく、また白く薄く棚引くようにゆっくりとして途切れることがありません。

 

■ 次第に増える

煙は、その一か所の窓からのみでしたが、その量は次第に増えてきて、初めて

『おい、あの民宿火事と違うか?』

とわたしがいい、友人も

『これはヤバイ』

ということで、知らせに走りました。張ろうとしていたテントからは50㍍はあったでしょうか。何もかも打ち捨てて。

 

民宿の開いていた玄関から、

『火事ですよ、火事』

と大声で知らせると

『火事、へえ、どこが?』

 

当の民宿の人達は、自分たちのこととは気づいておらず、他人ごとのような反応でしたが、

『どこがって、この家ですよ。二階から煙が出ている』

と告げると、驚いて二階に通ずる階段を上ろうとするのを、後ろから必死に引き留める。そこから二階を見ると、赤い炎がいくつかが見えました。そして、白い煙がほぼ一面に立ち込めていました。

 

■ フラッシュオーバー

民宿の女性は二階に上がるのを諦めて、一階にいる他の人達と共に避難。皆が外に出た時、

二階に設けられていたであろうすべてと思われる窓ガラスが、一挙に割れ飛んで炎が一気に噴き出してきました。いわゆる「フラッシュオーバー」という現象です。

 

■ 騒然

辺りは騒然となりました。もう、自分たちの手には負えず、茫然と見守るばかりの民宿の人達。わたし達と同じキャプのやじ馬も集まってきました。そうしているところにようやく、自衛の消防車(ぐるま)が一台到着。

 

すぐさま消火に入りましたが、二階ということで屋外に設けた消火栓からは十分な水圧がないためか水が届きません。

 

■ 消防署から

消防署からポンプ車が来て、隣家の屋根に登りそこから放水を始まり、どれくらいたったでしょうかようやく鎮火に向かいました。二階はほぼ完全に焼け落ち、一階の一部も半焼となりました。隣家の屋根は、消防活動で瓦の多くが割れ落ち、持ち主は大いに怒っておりました。

 

消防署は、兎も角も鎮火をすることが最優先なので、致し方ありません。わたしが隣家の人間であっても、同様に怒ることでしょうが。

 

■ 新聞社

新聞社も意外に早く駆けつけて、目撃者の談をとっておりましたが、第一発見者であるわたし達には、お呼びがかからず、友人が憤慨しておりました。おそらく、一生に一度歩かないかの犯罪ではない出番と思ったからでありましょう。

 

 

 

マンションで階を間違える

f:id:yukukawa-no-nagare:20210512092134j:plain

このマンションに住んでいた訳ではありません。イメージです。

画像出典:business journal

今の住まいの前は、相当な古さのマンション住まいでした。11階建ての9階が、わたしの住まいがある階で、全体で50戸近い世帯数の京都市としては、比較的大きな建物でした。

 

9階からの外部への出入りは、無論のことエレベーターを利用します。何かの拍子に2基あるエレベーターの1基が故障などとなると、もう嫌になるほど利用し辛くて面倒な暮らしになるのがマンションですね。

 

■ 乗ると勝手に動き出す時

わたしの場合ではありますが、別にアルコールに酔っていなくても、帰るべき住まい、部屋番号を間違えることがありました。

 

出先からマンションの1階のエレベーターの前に来て、運よく1基が到着している。そいう状態で、扉を開けて乗る、そしてボタンを押さないままに扉が閉まる、そして動き出す。

 

こういう時ってありますよね。自分がボタンを押していないのに勝手に動き出す時は、他の階で誰かがエレベーターを待っている時です。

 

■ 自分の階と思い込む

そして、エレベーターが止まるが呼んだであろう人は、もう一基のに乗り込んだのかその場にいない。すると自分の降りる階に到着したと何故か思い込んでしまう。頻繁ではありませんが、乗る前から何か考え事というか、ボーととしていて、特に注意をしていない時などにわたしには時々ありました。

 

そして、自分の住まいの前にきたと思い込み鍵穴にキーを差し込む。しかし、合わない。

『あれ、おかしいな』

とブツブツ言いながら繰り返したあげぐ、表札を見ると、一つ下の階だった。急いで、その場を離れる。扉が中から開けられる前に。そうでないと不審者と思われかねないと思うから。

 

これは不思議に、わたしの住まいの階より上では、同様のことは一度もありませんでした。

 

■ また、ある時

また、ある時には、自分の部屋だと思って何も考えずに取っ手を引くと、鍵も開けていないのに開いたりすることがあります。

 

『おや、鍵を掛けずに出かけたか知らん』

と思いながら、入ろうとすると、

 

『どちら様でしょうか?』

と不安げな、母子らしい人が、扉から少し離れて立っていたりしますと、

 

『すみません。間違いました』

などと、いって玄関ドアを閉めて急いで立ち去るなどと言うこともありました。

『鍵を掛けて置かな、いかんでしょうが、、、』などと、勝手なことも言えませんしね。

 

■ 紛らわしい

どの階も同じ造りなので紛らわしい。

わたしの同じ建物の中であってさえこのありさまです。よく似た棟がいくつも並んでいる地域に住まっている人たちは、棟すら間違えることってないのでしょうか。

くしゃみ

 

f:id:yukukawa-no-nagare:20210511071901j:plain

画像出典:ニュースサイトしらべい


くしゃみをすると、最低5回はつづけてするご主人が近所にいます。家の中でしているのですが、道向かいのわたしの書斎まで聞こえて来ます。鼻炎か花粉症でしょうか。毎日という訳ではありませんが、春先に多いですね。

 

大きなくしゃみと共に

「このヤロウ!」

とか、なぜか怒(いか)っています。それが連続する場合には

「糞ったれが」とか「ええい、このー」と言いながら更に続いて出ることも。おとなしそうな人でありますが。

 

■ 我が家

我が家でも、わたしがたまにします。大抵が一回では済みませんが、向かいのご主人ほど多くはありません。くしゃみをすると、何かが飛び出てきたりして、それが痰(たん)だったりすると、これが異様に臭い。

 

■ 若い頃

学生の頃、そう中学生の終わり頃でしたか、紙縒(こよ)りを鼻に入れて、くしゃみを出し合う遊びが一時期ありました。これも、体に悪いと長く続く遊びではありませんでしたが。

 

■ 強くくしゃみをし過ぎると

強くくしゃみをし過ぎると、喉が痛めます。その喉の痛さはほぼ終日続き、不思議に次の日までは尾を引かない。くしゃみをして、すっきりとするのは、堪(こら)えるのではなく、素直に出るに任せるのがいい。けれど、それを加勢するように思いっきりにすると、このように喉を傷める結果になるのでしょう。

 

■ 子供

子が幼児である時には、わたしのくしゃみで、叱られたと思うのかよく泣き出すことがあり、妻にたしなめられることもしばしばでした。が、なかなか思うに制御が出来ず、口を閉じて、それをしても、袋が爆風で破けるように口の一部からから口内空気が漏れて、

「ブー」

と閉まりないことになりますしね。

 

■ 妻も

昔はつつましかったかも知れない妻も、くしゃみではわたしに勝るとも劣らない勢いで、近所に聞こえないか、時々怖くなります。本人は、ケロッとしていますが、もう少しつつましく出来ないものかと、言いたくても言えない。

 

 

掛け時計の修理

f:id:yukukawa-no-nagare:20210510084642j:plain

そのものずばりではありませんが、こんな感じのものです。

画像出典:Amazon

 

掛け時計が遅れるようになり、やがて針が一か所で痙攣するかのように小刻みに動きはするが、進まない。そういう状態になったので、決心して分解を試みました。

 

■ 自信なし

しかし、こういう精密機械とか電気とかは全く不案内で、分解して直せるのかより、直せなくても、元の通りに戻せるのかも自信はありませんでした。それほど高価なものではないので、駄目であってもあきらめて新しいものを買ってもいいと思ったのです。

 

■ 分解

分解してみました。ムーブメント(稼働部分)が5㎝角のプラで覆われたセットになっており、これをそっくり交換したら、間違いなく動くようになると思えました。今では、この部分も100円ショップで売られているくらいですから、それが分解した時計に合うかどうかは分かりませんが、最悪はそれ試してもいいと思いもしました。

 

■ 難攻

掛け時計の裏の覆いを外すのはねじ止め4か所で難しくはありませんが、中のムーブメント部分を開けるのには少し難しそうで、

「うんうん」

とか

「これか、違う。えい、クソ!」

などのひとり言を言いながらようやく蓋を開けることに成功しました。

 

さあ、ここから原因究明だ、と思っていると、構成している部品が一つありません。歯車の一つのようです。どうやら、ムーブメントの蓋を開けた時に少し時計が動いて、テーブルから床に落ちたようです。そういえば、テーブルで一度跳ねて、落下したようにも思えました。

 

■ 部品見つからず

散々に床を探したのですが、見当たりません。大掃除をすれば良いのですが、もうすっかり嫌気が差して、分解してばらけた状態で、半月程が経ちます。

『直ったんかいな?』

と嫁はききますが、

『現在修理中』

とだけ答えています。そろそろ、床に行方不明の部品を見つけないと、家族の非難や嘲笑が怖い。

 

しかし、大海に落とした金貨のようにどうしても必要だが、小さな部品を探すことはとてつもなく大変だと思うと、気が滅入る。椅子のキャスターの下敷きにはなっていないし、それが動くであろう範囲は無いことを確認しています。

 

気が向いたらまた挑戦です。部品探しにまずは。

「おっちゃん」と呼ばれた日

f:id:yukukawa-no-nagare:20210509082655p:plain

画像出典:ニュースサイトしらべえ

 

若い人、子供ではなく成人の特に女性から

『おっちゃん』

と呼ばれてもそう気分を害せず受け入れられる、あるいはその衝撃に堪えること出来る歳は幾つくらいでしょうか。

 

■ 例えば

例えば、わたし。わたしは、独身で27歳の時に友人二人とキャンプに行く途中の田舎町車を停めて、自販機で飲み物を買おうとしてその前に立った時、ほぼ同時に車で到着したらしい若い女性に

 

『おっちゃん』

と声を掛けられたのでした。わたしは、わたしに掛けられた言葉とは思わず、知らん顔をしていました。わたしの連れの二人に声を掛けたものであろう、、、

 

連れとわたしでは、わたしは一番若く見えると自負していました。外見上では。

『おっちゃん。道を教えてくれへんか』

 

振りけってみれば、髪を茶に染めたよく言えば垢抜けた若い女性が二人、にこやかに立っていました。まだ、カーナビなどが殆ど普及していない時代でしたので、道路地図を頼りに走るしかなく、一旦迷うと自分が日本人で日本に住んでいて、日本を移動中だあるにもかかわらず、どこにいてどちら側が北なのさえ分からないこともよくありました。

 

そういう時には、地元の人に聞くのが一番確かでありました。

 

■ つまり

つまりわたしは、地元のオヤジさんと間違われた。当時のわたしは、27歳の多分バリバリの若者でありましたが、頭はその4本に1本と思われる度合いに、白髪交じっており、年齢の割には年上に見られたのでありましょう。色黒で少し夕闇が迫っておりましたので、農家の人と間違われたのかも知れません。

 

■ 道を教える

わたしと若い女性のやり取りに連れが加わって、ほぼ地元出身の連れの一人が、異様な親切指導で道を教えると、

『ありがとう』

と教えた連れに手を振って去って行きました。その時にわたしは、

『なんで、あいつにはおっちゃんの言葉がつかへんのや?』

と憤慨したことを今でも、執念深く覚えております。

 

■ 髪を染める

その時の反省から、髪を染め始めましたが元来無精者のわたしのことで、ちょっと染める間隔を怠ると、新芽である白いのが目立つようになり、かえって見苦しくなったものです。

 

その後「おっちゃん」と、姪や甥がわたしを呼ぶのにも慣れて、結婚を機に染めるのを諦め、短髪の胡麻塩頭となり、正真正銘の「おっちゃん」にふさわしくなりましたが、

 

■ 今でも

今でも

「お兄さん」と呼ばれたい気はしないでもない。しかし、そのように声を掛けてくれる人は、行きつけのスナックのわたしよりいくらか年上と見えるママ、飲み屋街の客引きのみであります。

 

 

ミニトマトを育てています

 

f:id:yukukawa-no-nagare:20210508084819j:plain

筆者のミニトマト

右下の画像を斜に妨害している物は、筆者の指であります。

大変、見苦しい写真となりました。

 

先月中旬過ぎに出先で偶然に見つけた園芸用品店。店内がひどい混みようなので、急いで他に幾つかの花と共にミニトマトの苗を買いました。それは小さな黒い筒状のプランターに差し込まれいた。いくつもある中でも、比較的に茎や枝張りがしっかりしたものをと選んで購入しました。

 

■ 持ち帰って

持ち帰って、すぐさま、市販のお好み焼きセット2人分の入

っていたプラの容器に家にあった腐葉土らしい土を足して植え付けましたが、

 

『そんなもので、育たんのとちゃうか?直ぐに枯れるが落ち』

と植え替えた後で妻が指摘し、子供も同意。そうかも知れないと思い、ホームセンターに出向きバケツ型でバケツサイズのプラ製のプランターおよ

腐葉土も一袋を新たに買い足しました。

 

■ 植え替え

早速、腐葉土などを8分目まで入れたバケツ状のプランタ

ーに植え替えました。その後は、天気にも恵まれて、大きく育ち自力では真っすぐに立っていられない程になり、また棒状の支柱を買い求めて、紐でもってあらぬ方向に倒れそうなのを支えています。

 

どのように支えるかは、ネットで調べました。こういう時にネットって便利ですね。そこで知ったのが、ミニトマトとプチトマトはどう違うのかです。プチトマトはミニトマトの一品種なのだそうです。良くは分かりませんが。

 

■ 現在

現在は冒頭の写真のように、幹の一か所から目が出て黄色い花が咲いています。が、何とも頼りなげなしょぼくれた咲きようで、ここからミニトマトが出来るのかは想像できません。が、売られていた苗木に差されていた、

「成長したらこんなにたわわに実る」

的な写真を見ると、いかにもおいしそうでもあり、そのように成長すると信じて世話に励んでいます。といっても水やりくらいでが。

 

■ お隣

お隣さんは、もう2年程度前からミニトマトを育てており、しかも実りも多かった。わたしもあのように育ててみたいとは、以前から思ってはいたのですが、面倒かなとも思い、何もしないままでありました。

 

そのお隣のミニトマトをカラスが人より先に収穫しているのを、昨年、わたしは偶然に目撃しました。しかし、お隣はその事実を知らず、

『誰かが取って行った』

と憤慨しておりました。勿論、その事実は知らせておきました。

 

わたしもカラスには気をつけたいが、カラスよりわたしは気が短いと思うので、ちょっと色づいたら収穫してしまう気がしきりにしている。