聖護院 京極のブログ

天と地の間に新しいことなし(ことわざ)・・・人間の行動は今も昔も変わってはいない

アニメ「ゴルゴ13」

画像出典:さいとうプロ ネットで会員になれば、映画の一部が見放題というのがあって、娘がそれに加入しています。わたしのパソコンで見ることが出来るようにしました。勿論、居間のテレビでも同時に違う映画を見ることも可能です。 そのシステム自体はわた…

夕方のテレビニュース

画像出典:出典先を失念しました 夕方のその日にあったニュースなどを見ることがあります。そのうち事件や事故はわたしとしては、注意してみる方です。と言うのも犯罪などのニュースは、明日はわたしの取る行動となるかも知れないと思うから。 しかし幸いに…

車の中の匂い

画像出典:ディオナチュレ 過日、車を運転していますと、足元から不快な匂いが立ち上がってくるのを感じました。何か、食べ物が腐った時の様な「饐(す)えたた匂い」でした。強烈と言うほどではなく、かすかに漂って来て、途切れることがありません。 同乗…

鳥は餌を見てつついているのか?

画像出典:旭山記念公園 小さい頃からの疑問の一つに「鳥は餌を見てつついているのか?」があります。 まず鳥は、顔の両側面に目が付いています。人間でいえば耳辺りに目が付いていることになりますね。顔の正面についていない分、顔は平べったい。 その中央…

5羽のスズメ

画像出典:Canon グローバル わたしの住まいは、住宅街の角地にあって、道を挟んだ向かい側にも中年夫婦の住まいがある。その家では小鳥を飼っているらしく、毎朝主人が道端に出て、餌の殻を吹いて飛ばす。その作業が終わると、遠くから見ていたらしいスズメ…

最近の恋愛ってどう?

画像出典:oggi.jp 好きでならない人ではあるが、想いは伝わらることなく片恋のままに終わってしまった。あるいは、相思相愛なれども一緒には成れない社会上制度や家柄、あるいは経済格差による壁があるというようなことは、わたしの若い頃にはごく普通に存…

「お釈迦になった」とは

画像出典:クリアン 何か物を造る時に、失敗した場合 「おしゃかにした」とか「おしゃかになった」 などと言うことがあります。 おしゃかは、勿論「釈迦(しゃか)」の事であるのは周知でしょう。釈迦に「お」を付けているのですね。 若い頃にこの言葉の語源…

放置自転車の籠の中

画像出典:mbs 誰かの通報があるのか、最近は長い期間放置された路上の自転車を見かけることが少なくなりましたね。どうして放置されているのか?理由はいくつか考えられる。 第一の理由に、どこかから場当たり的に失敬して来て、用済みで放置されたまま…

若年認知症

画像出典:フランスベッド 昨日夕方のテレビを何気なく見ていますと、「若年性認知症」の報道番組が放送されていました。働き盛りの男性二人の例を挙げてその事例を紹介しておりました。若年認知症とは、65歳以下の人がかかる認知症の事を言います。 このテ…

友の死生観

画像出典:VIET JO本文と直接関係のある画像ではありません。 わたしの親しい友人の一人は、人の死など特別な話になると普通の人なら言わないような事をいいます。何というべきか、その死生観が独特なのです。 例えば、不慮の事故や病気で無念にも若くしてこ…

生きているのが花

画像出典:皺を刻もう 題名は失念しました。詩人田村隆一氏のある作品の一部分にこんなのがあります。 「生きているのが花 そう言ったお前 お前はあっちを向いたままだ」 覚えているのは、たったこれだけ。 また多分、前にも後にも、もっと長かった気がする…

2022年12月からETC車載器が一部使えなくなる

画像出典:どらプラ YouTube動画をよく見ます。 時々、別に興味がある訳ではないのに、ポツリと割と有益に思える動画がどうしたことかリストに上がっていることがあります。今回もそうでした。それが冒頭の通りETC車載器の記事だったのです。 そこで本日の記…

神がかりな発言

画像出典:@SAKUちゃん 世の中には、神がかり的な発言や行動で人を恐れさせたり盲信させたりすることが出来る人がいます。四柱推命とか手相とか占星とかの占いもその一つですね。 わたしの知る人の中にはそういう事が可能な人が、これまで一人だけいました…

ロシアウクライナの現状と今後

画像出典:sakisiru ロシアのウクライナ侵攻は理由が何であれ独立国家の主権を踏みにじる侵略行為です。これは国際法違反であることは、誰しもが認めるところです。自国を防衛する戦いをするウクライナにも国際法上の自衛権という権利があります。 しかし、…

道路の行先表示に思うこと

画像出典:国土交通省 車に乗っていて、時々道路の行先表示に書かれているローマ字表記に疑問を持つことはありませんか?。道路の行先表示とは、上の画像の様なものです。 この画像では一番上には行先として「東京」が挙げられていてその下に「Tokyo」とロー…

古い車に乗るしかないのに負担増だなんて

画像出典:ネクステージ 現在わたしの乗っている自家用車の古さは、相当なものです。2004製の大手国内自動車メーカーのワンボックスカーで排気量は2000㏄。古くても、走りに不満は多くはありません。 過日後ろから横断歩道で一時停止中に追突され、修理入り…

スマホとパソコン

画像出典:ライフハッカー ツイッターなどを見ていますと、スマホは得意だけど、パソコンは苦手だ、という人が相当な数で見かけます。確かに、わたしの娘などもその口です。 しかし、仕事となるとやはりスマホで済むことは多くなく、パソコンへのスキルは絶…

満遍なく投資をする

画像出典:スルガ銀行特定の投資を進めているわけではありません(筆者) ロシアの天然ガスや石油などに大きく依存して来た欧州は、ロシアのウクライナ侵攻によって経済制裁の名のもとにこれらの天然資源の輸入を規制したが結局、自分たちも返り血を浴びるこ…

寝夢を見る人はボケない

画像出典:元町接骨院 友人と四国に旅をすることがありました。まだ、連絡橋がない頃の話です。 四国には、フェリーで渡るしかなく、兵庫県の明石から夕方に乗船しました。客室は無論2等室を選択しました。薄暗い居酒屋の「小上がり」の様な畳敷きの上に、各…

外出時の食事

画像出典:ダイヤモンドオンライン 休日に車でどこかに家族で出かけると、昼食が外食となることが我が家では殆どである。 その場合は、回る寿司店、ラーメン、ハンバーガーやうどん、あるいは牛丼、更には格安洋食店などの大手チェーン店とほぼ決まっている…

喧嘩の相手

画像出典:イラストヤ 若い時からごく稀に喧嘩をしたり、また目撃もして来ました。喧嘩をする上で最高の方法は、口で相手を納得させて、暴力沙汰になることなく終わることです。これを「戦わずして勝つ」などと表現します。 口数で勝つというのではなく、将…

エロ映画館

画像出典:まいどな話 二十歳を過ぎた頃のわたしは、童顔の美少年でした(たぶん)。そして、熱い血潮のたぎる夢多き(たぶん)青年でもありました。また、社会勉強には人一倍熱心であったことから、大変頻繁に、エロ映画に通うことが一時期にありました。 …

当たるも八卦当たらぬも八卦(手相)

画像出典:oggi.jp 「働けど働けど猶わが生活(暮らし)楽にならざりぢっと手を見る」(石川啄木) この歌を書いたときの啄木の気持ちはどうだったのであろうか。このころの啄木は放蕩三昧で、このような歌が作れるところがある意味において凄い。啄木は無論…

子供を知りたければその友を見よ

画像出典:kakijun 成長するにつれ、子供は親の理解から段々と外れて行くようになるものです。それは、わたしであっても同じ事でしたし、親となっても同じでした。即ちいつの時代にあっても、親は子の気持ちを半分ほども理解出来ないものです。 しかし、それ…

気になる言葉「すいません」

「きさま」と呼びます。室町時代には文字通り尊敬語でした画像出典:ねとラボアンサー どうしても気になる言葉があります。気になるというより違和感があるのです。 それは「すいません」です。 え、「吸いません?」 と思ってしまう。しかし、ネットではご…

ロシアは崩壊し、中国は怯える

画像出典:au webポータル ロシアウクライナの戦争がプーチン大統領の失脚で終戦となった場合、ロシアはどうなるでしょうか? プーチン大統領の失脚には、暗殺や軍の反逆による拘束、プーチン大統領の自決などが考えられます。それはロシア国民か当事国のウ…

三回目のワクチン接種を受けました

画像出典:東海テレビ 三回目のワクチン接種(ブースター接種)の予約が意外に簡単にかかりつけの医院で取れたので、接種しました。これまで、ファイザーを2回受けたのですが、今回はモデルナでした。 木曜日の午前中に、接種の申し込み具合を聞くのに電話を…

#ロシアウクライナ

画像出典:au webポータル ロシアがウクライナに軍事侵攻していることは公知のとおりです。 侵攻の理由は、当のロシアのプーチン大統領の発言の外に、各界から色々と色々な人が述べていますが、どれもそれなりに当っているけれども、決定的な原因ではないよ…

直ぐやらない人

画像出典:ダイヤモンドオンライン 物事に期日がある時には、わたしはそれが発表されたり自分でやる決心したりすると、即座に取り掛かる方です。先延ばしにしても、やることは決まっているのだから、早めに始めて出来る限り用意万端と思えるところまで進めて…

いい夫婦とは

画像出典:ロケットNEWS 夫婦で暮らすということは、相手の性格や人格に妥協して生活するということにほかなりません。しかし、互いに結婚するまでは、およそ別世界のような暮らしをしており、家族との生活習慣もまるで違います。 このような二人が、結婚し…